Report グアムレポート【グアム中心街&ビーチ】

 
ホテルにチェックインを済ませたら、
早速夏服に着替えて出かけよう。

バスの窓から眺めていた街を歩くと、
意外と広くて距離感があることに気づくはず。

そうです、ここはアメリカ。
道幅や歩道、建物の建っている間隔も日本と違う!

ひさしぶりのビーサンで、
足にマメを作らないように気をつけて歩いてみましょう。

タモン湾を上から見た写真。
この縦に伸びる道がタモンのメインストリート。

この写真は別コーナーのヘリから撮影。
右上に見える岬のようなところがグアムヒルトン、「セント・プロバス・ホーリー・チャペル」。
水色に広がっているのがタモン湾のビーチです。

これはウェスティンの坂から南に向いて、
JPスーパーマーケットを左に見たところです。

結構な坂だから、歩いて登ると、
なんとなく飲み物も欲しくなる感じ。

遠くに見えるのがDFSです。

グアムの街の中心はDFS。

迷子になったら「DFSへ」

バスに乗っても「このバスはDFSに行きますか?」


タクシー捕まえて「DFSへ」

DFSはタクシーなどでは「でゅーてぃーふりー」って言えば、まず通じます。
初めてのグアムの人はDFSを中心に動いてみるのがおススメですよ。


少し夕暮れのDFSの前の通りです。

左の写真が DFSの正面入口。
右の写真は 向かいのハードロックカフェ。

下左の写真は、アウトバックステーキ(巨大ステーキが出てきて驚かせてくれる)があるパシフィックプレイス。

右がお土産の殿堂(?)JPスーパーストア。
(おみやげ物からブランド品、マクドナルドと、ヤシの実ギター・ヤシの実バック、お土産コーヒーから怪しげな絵葉書などで印象深いのです)


夜9時ころの写真です。
夜は少し人影も減り、通りにはグアム名物、

「射撃イカガデスカ?」お兄さん

「ゴハンタベタ?オイシイヨ!」お兄さん

「マッサジ!」お姉さん

などがチラホラ。

女性の一人歩きはどこの国でもそうだけど気をつけて。
レストランの選択や買物するお店を探すのは明るいうちに済ませちゃうのが無難かもしれません。


グアムのビーチは広くて白くて、それほど混んでいないからお散歩には最適。

朝夕は、白くて綺麗な波打ち際をランニングする人や、散歩する人が。

湾の北端(ニッコー側)から南端(ヒルトン)まで、歩こうと思えば歩けちゃうのではないかと思えるくらいです。(ホントに歩いたら一時間くらいかかるかも…歩いた事は無いです)

夕方のサンセット(夕焼け)は必見。
空がどんどん色が変わってきて、思わず見とれるくらいの迫力。

あちこちのホテルのガーデンに灯がともって、ビーチバーや、プールサイドのバーでカクテルを飲む人がたくさん。




南国リゾート、
グアム。


日本から飛行機で3時間ちょっとの場所にある南国の楽園グアムの見所や歩き方を徹底レポート

レポートはコチラ>
◆同行挙式キャンペーン行って来ました!

◆セントレアからグアムへ

◆グアム中心街&ビーチ

◆バスツアー&魅惑☆水中タワー

◆ヘリで飛んで上空から見てみました!

◆グアムでの食事のコツ★

◆取材を終えて・・・編集後記

▲PageTopへ