Report オアフレポート【役に立つ!ハワイのストア・飲食のコツ】

 
美味しいものには目がなくて、
いつもキョロキョロしているB級グルメハンターのアロハ中山が
手当たり次第に口に入れた食べ物のアレコレを、
とりとめもなくご紹介します。

ワイキキの街を歩きながら、
カラカウアAve.に座り込んで食べたり飲んだり。

ぜひあなたも、美味しいあなただけの
B級グルメ道をハワイで極めてみてくださいね!
スパムむすびに挑戦

「スパムむすび。」聞けばハワイの人気の食べ物だとか。たーくさんあるABCマートや、街のいたる食料品店などで売られている。何のことはない、スパムという缶詰め肉をごはんの上にのっけてラップでくるんであるんだけど。見つけたので早速チャレンジ。手に取ると思いがけないくらい熱い!アチチとラップをはずして、たっぷりの重量のスパムむすびにかじりついてみました。・・・・美味しい!スパムの微妙な塩味がお米にしみ込んだ油っけととってもマッチ。胃が小さい人なら、これだけでお腹いっぱいになっちゃうくらいのボリューム。二人で分けっこして食べてみるのもハワイのいい思い出になるかも?
ABCマートで買った水

カラカウアAve.を歩くには人で賑わうビーチを見ながら、ABCマートで買った水を持って歩くのが、いかにもハワイって感じ!
ピンクの宮殿、ザ・ロイヤルハワイアンが見える。一見きついピンクの外壁だけど、ハワイの青い空をバックに見ると、すごくなじんでオシャレに見える外壁でした。

ロイヤルハワイアンのビーチバー「マイタイ・バー」でランチ。このバーはあの有名なカクテル、「マイタイ」の発祥の地。

ここで、マイタイは少し抑えて念願のブルーハワイをオーダー。ピンクパレスとブルーハワイの青、ピンクのカクテルはまるでロイヤルハワイアンのような組み合わせ。
☆ レシピ ☆

・マイタイのレシピ
ラムベース、パイナップル、オレンジジュース

・ブルーハワイのレシピ
ホワイトラム、ブルーキュラソー、パイナップル、レモンジュースをシェイク、クラッシュアイスで作られる、ハワイを最も代表するカクテル。ビーチで飲むといかにもハワイって感じでgood。

・ピンクパレスのレシピ
グランマニエ、ホワイトラム、ココナッツ、パイナップルジュース
パイナップルの酸味とココナッツの香り。
目を引く、鮮やかなピンクのカクテル。女性でも美味しくいただけるけど思いの他強いから飲みすぎには注意。
マイタイバーでカクテルと共に・・・

まだ日の高いワイキキの午後、「ザ・ロイヤルハワイアン」の「マイタイ・バー」にてカクテルをオーダー。少しお腹が減ってきたので、チョコレートケーキと、見つけたツナ(刺身)を迷わずセレクト!
これが大人のチョイス!と思いきや、カクテル、チョコレート、刺身の組み合わせは極悪!(一品一品は美味しいんだけど)選択ミスでした(笑)
 
チーズバーガー・イン・パラダイス

ワイキキを歩こうのページでも紹介したバーガーショップ。カラカウアAve.にある開放感たっぷりの店で食べるバーガーは楽しさ満点!「アメリカだもんね!」って感じのサイズとジューシーな味わいは思い切りリゾートを感じさせてくれます。
バーガーについてきたBigな・・・!

これ何だと思います?
正解は左の写真上部に写ってる「ピクルス」
ボンッ!と1本キュウリが丸ごとピクルスです。カットして食べたけど、けっこう美味でした。
 
ロコモコロコモコ

ハワイの地元の人のことをロコといい、その人々がモコモコ食べているからこの名がついたと言われているロコモコ(嘘)。かわいい名前と裏腹に、けっこうなボリュームがあるから小食の人や女の子にはかな〜りキビシイかも。でもたくさん歩いたから、キレイに完食しましたよ。
また出たABC!

昼でも夜でもABC!冷たい水も、スパムむすびも、ビールもチョコも売ってます。アルコール買う時はほぼ100%ID(パスポート等)を求められて年齢チェックをされるから注意です。



ハワイを感じ、
ハワイを楽しむ。


リゾートや教会、チャペルの最新情報を求めて、スタッフが研修の旅に出かけました!

レポートはコチラ>
◆浜松→セントレア!ハワイへ出発!

◆飛行機でピュー!ハワイ到着!

◆魅力いっぱい!ワイキキを歩こう

◆ダイヤモンドヘッド登山にチャレンジ!

◆役に立つ!ハワイのストア・飲食のコツ

◆サーフィンの神!デュークinワイキキ

◆取材を終えて・・・アロハ中山の編集記

▲PageTopへ