Report オアフレポート【サーフィンの神!デュークinワイキキ】


 
カラカウア通りを歩くと、いつも人だかりのしている像。
それが名高い「デューク・カハナモク」像です。

記念写真のロケーションには最高なのか、いつもカメラを持ち、
日本人だけでなく多くの観光客に囲まれています。

男なら、1度は呼ばれてみたい指数No.1の「サーフィンの神」
と呼ばれるナイスガイ。これがデューク・カハナモクなのです。

1890年に生まれ、ビーチボーイとして、
サーフィンの妙技で人々を魅了した彼は、1912年
ストックホルムオリンピックで金メダル。1920年アントワープ
オリンピックでも自己ベストを2秒縮めて金メダルというスーパー
マンのような活躍をした彼は、ワイキキの超一等地で今も人々を
惹きつけている「伝説のサーファー」なのだ。
やっぱり記念写真

こんな光景をあなたも目にするハズ。デュークと一緒に記念写真。ぜひトライしてみてください。
夕日に映えるよデューク

ワイキキに炎がともる夕刻に、サーフボードを背にする男デューク。静かな時間が彼には流れています。
限りないリスペクトをデュークへそそげ!それがハワイの掟。

ビーチボーイサクセスストーリーの究極ともいえる彼は、今も男達からは尊敬の、女の子たちからは憧れの目で見つめられているのだ。
 
どこまでも美しい海

白い砂がまぶしいワイキキビーチ。このビーチに、デュークは今も立っている。
ビーチは今も多くの人々で賑わう

ヤシの木陰でのシャワーもハワイを体感するひとつ!
 
   



ハワイを感じ、
ハワイを楽しむ。


リゾートや教会、チャペルの最新情報を求めて、スタッフが研修の旅に出かけました!

レポートはコチラ>
◆浜松→セントレア!ハワイへ出発!

◆飛行機でピュー!ハワイ到着!

◆魅力いっぱい!ワイキキを歩こう

◆ダイヤモンドヘッド登山にチャレンジ!

◆役に立つ!ハワイのストア・飲食のコツ

◆サーフィンの神!デュークinワイキキ

◆取材を終えて・・・アロハ中山の編集記

▲PageTopへ